金峯山寺

金峯山寺
金峯山寺前停留所 徒歩すぐ
吉野山のシンボル的存在の金峯山寺の本堂、世界遺産 蔵王堂。本尊蔵王権現三体と、多くの尊像を安置しています。木造建築では、奈良の東大寺大仏殿に次ぐ大きさといわれており、重層入母屋入母屋造り、桧皮葺きです。棟高さ33.9m、桁行25.8m、梁間27.3m。
白鳳年間に役行者が創建したといわれ、現在の建物は1592年(天正20年)の再建です。